« 第016号 | トップページ

2012年6月 2日 (土)

第018号

コンサルKUROSUの
希望の仕事に必ず就ける「超辛口就職指南」

第018号

■■■ 今日の指南 ■■■

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 外国語は商談ができるレベルたれ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前回の「得意分野」の続きになるが・・・

面接の際に「英語ができます」「中国語ができます」というアピールをする人もいる。

どのくらいできるのかとたずねると
「TOEICで800点です」とか「北京に3年住んでいました」というような答えが返ってくることが多い。


しかし、採用するほうからすれば、そのようなことはあまり重要ではない。

「その言語で、商談ができるかどうか」

が評価のポイントであり、それができなければ外国語ができることに対して高い評価をすることはない。
なぜなら、中途半端な語学力で商談を失敗されるよりも、お金を払ってでもちゃんとした通訳にまかせたほうがリスクも少ないし、効果も高いからだ。
そもそも、語学を重視する企業であれば、すでに必要な人材や外部委託先はあるはずで、それよりも高いレベルなのでなければ「語学力」だけで採用することはありえない。


商談は、通常の会話ではない。
相手の心を探り、ほぐし、こちらの要求を伝え、交渉するわけで、語学力だけでなく、ビジネスの考え方や心理学的なこと、さらにその現地の状況なども知らなければならない。


知人に、学生時代はキリスト教系の大学でESS(English Speaking Society=英会話部)に所属し、さらに「国連英検A級(TOEIC900点相当)」を持っている人がいるが、読み書きや旅行には困らないものの、英語でのビジネス会話はまったくダメ。
この人は、いくらそういう肩書きがあっても、今の世の中では採用に至らない。


「外国語ができる」と思っている人は、その言語で商談ができるかどうかを、改めて自分のレベルをチェックしておくこと。
そのレベルに到達していないなら、そのレベルにいたるように「実践」で学ぶこと。
それが、プロであり、だからこそそういう人材なら企業から求められる。


★☆★☆★☆★
 今日の課題
★☆★☆★☆★
英語、スペイン語、北京語、広東語のいずれかで商談ができる方、連絡をください。
お願いしたいことがあるので、あなたの語学力をチェックします。


※事務局からのお知らせ
ご自分の回答に筆者からのコメントがほしい方は、こちらから回答を入力してください
(メールアドレス等個人情報不要)
http://stageup.co.jp/labo/sub1.html


無料メルマガの登録は↓こちら↓
http://www.mag2.com/m/0001073960.html

============発行者=============
有限会社ステージアップ
経営コンサルタント
黒須靖史
http://kurosu.cocolog-nifty.com
===============================
 
 
 
 
 
-

« 第016号 | トップページ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1669543/45602541

この記事へのトラックバック一覧です: 第018号:

« 第016号 | トップページ